【前のページに戻る】

信託保全について
Conservation policy

一般的な信託保全では2 営業日以内の保全ですが、当社では“即日” 信託保全されます。

当社ではお客様から預託を受けた証拠金、決済損益金、評価損益金、スワップ損益金を全額信託保全いたします。委託先は楽天信託株式会社となります。
信託保全の対象は、お客様から預託を受けた証拠金、決済損益金、評価損益金、スワップ損益金となります。当社はこれらの金額を上回る額を常に信託口座の中に維持し、保全いたします。
当社は毎営業日のニューヨーク時間(米国東部標準時)17 時を基準時としてお客様の資産の時価評価額を計算した上で、信託保全されるべき金額の合計額を受益者代理人(甲)に報告します。受益者代理人(甲)は、毎営業日、信託保全されるべき金額より信託財産の金額が大きいことを確認します。このとき不足額があれば、当社は信託財産へ金銭を追加します。
信託口座からの払い出しは、受益者代理人(甲)が基準時に信託財産が保全すべき額を下回っていないことを確認した上で行います。
当社に万が一の事態が起きた場合には、信託保全されている資産の範囲内で個々のお客様の資産額に応じて配分額を計算し、受益者代理人(乙)を通じて個々のお客様へ返還することになります。

なお、当社はお客様に安心して頂く為に、信託会社にお客様個別の資産の時価評価額を毎営業日報告しております。

信託会社に万が一の事態が生じた場合も、お預かりした資産は三菱東京UFJ 銀行に信託財産として保護されます。

受益者代理人

当社は受益者であるお客様の利益を代表する「受益者代理人」を2 名選定します。
当社は、当社の内部管理の責任者を受益者代理人(甲)に、公正な判断のできる外部の第三者を受益者代理人(乙)に選定します。
受益者代理人(甲)は日々の保全金額の照合等を、受益者代理人(乙)は、信託会社に対して受益者の権利行使等をお客様に代わって行います。
お客様はいかなる場合も直接信託会社に対して、信託財産からの資産の返還を請求することは出来ませんが、お客様の資産保全に重大な懸念が生じたと受益者代理人(乙)が判断した場合には、受益者代理人(乙)を通じて、信託財産の範囲内でお客様の資産の額に応じた額の返還を受けることが出来ます。

注意事項
※信託保全は、お取引の元本を保証するものではありません。外国為替相場の急激な変動で委託証拠金額を上回る損失が生じるおそれがあります。
※信託会社である楽天信託株式会社は、当社の運営を保証するものではなく、また受益者代理人の運営及び管理責任はありません。

信託保全のしくみ