直接参加型ECNツール「トレードリンク」 / TradeLink
取引要綱
商品名 Trade Link Alpha (トレードリンクアルファ)
取引形態 OTC(オーバーザカウンター:店頭相対取引)
取引方法 インターネット
取引時間 通常期間(11月第1日曜~3月第2日曜)
日本時間 月曜 午前7:00~土曜 午前 7:00  (米国東部標準時間 日曜 午後5:00~金曜 午後5:00)

サマータイム(3月第2日曜~11月第1日曜)
日本時間 月曜 午前6:00~土曜 午前6:00  (米国東部標準時間 日曜 午後5:00~金曜 午後5:00)
メンテナンス時間 原則として非取引時間帯に実施
通貨ペア 28種類
スプレッド 変動制
初回預託金 20万円以上
証拠金率
(レバレッジ)
証拠金率(レバレッジ※):
個人のお客様は4% (25倍)
法人口座は、金融先物取引業協会が公表する、過去の相場変動に基づき計算された数値に基づき、毎週、通貨ペア毎に証拠金率を決定します。法人口座レバレッジ表でご確認ください。

有効証拠金(純資産)によって、レバレッジ上限が異なります。
有効証拠金(純資産)が、50万米ドル相当(1米ドル100円の場合、5千万円)未満は、レバレッジ上限100倍。
有効証拠金(純資産)が、50万米ドル相当以上200万米ドル相当未満(1米ドル100円の場合、5千万円~2億円)は、レバレッジ上限50倍。
有効証拠金(純資産)が、200万米ドル相当(1米ドル100円の場合、2億円)以上は、レバレッジ上限30倍。
取引単位 最低取引単位=1万通貨単位以上
取引手数料 取引量に応じたディスカウント制
約定総代金100万円あたり15~40円(片道)※

※約定総代金100万円とは、1ドル=100円の場合、米ドル/日本円1万通貨の取引に相当します。
(100円/1ドル×1万ドル=100万円)

過去30日間の
約定総代金
手数料
(約定総代金100万円あたり)
0円以上40円(2015年7月10日改定前 80円)
1,000百万円以上30円(2015年7月10日改定前 70円)
5,000百万円以上20円(2015年7月10日改定前 50円)
25,000百万円以上15円(2015年7月10日改定前 50円)

※マージは取引量の対象とはなりません。
マージとは、お客様の取引口座内にて同一通貨ペアポジション同士を合成または相殺処理する機能です。
詳しくは、取引説明書・規定を参照ください。

※手数料は税込価格です。
平成26年4月1日以降の消費税増税に伴う取引手数料の変更はございません。
両建て 可能

同一通貨ペアにおいて、売・買ポジションの数量が大きい売買方向に対して使用証拠金が発生します。(MAX方式)
プレイスオーダー
Place Order
可能

プレイスオーダーとは、当社を通じたECN(電子取引ネットワーク)への直接発注です。 他の市場参加者の注文と、価格・取引量が合致する事で、お互いの注文が約定します。 ECN市場内の注文は、インターバンク等のECN市場参加者と区別なく取り扱われ、お取引画面の板情報にも表示されます。

【取引画面の操作にご注意ください】
プレイスオーダーの「BID注文」は、ECNで売り手を待つ「買い」注文です。
もし、その注文価格がその時点でECNの最高値であれば、板情報の「ビッド」欄最上部と成行注文用に表示される2Wayプライスの「ビッド」欄に表示され、売り手が出現した時点で、お客様の「買い」注文が約定します。
同様に、「OFFER注文」はECNで買い手を待つ「売り」注文です。
注文は板情報の「アスク」欄に表示され、買い手が出現した時点で、お客様の「売り」注文が約定します。

※板情報には10万通貨以上のプレイスオーダーが表示されます。
※指値・逆指値注文は、ECNのベストビッド・ベストオファーが指定価格に到達した時点でECNに発注する注文です。板情報には表示されません。
入出金手数料 入金:お客様負担 / 出金:無料
ロールオーバー 値洗い方式

EOD(取引終了時間)のロールオーバーにより、保有ポジションの建値は取引開始時間の価格に値洗いし、損益の受渡しを行ないます。

取引画面上の保有ポジション表示は新規建値と評価損益を、ポジション報告書では評価損益とスワップ金利を区分して表示しますが、損益報告書では、決済損益と評価損益、スワップ金利相当額を合計した金額を総損益として表示します。
口座維持管理手数料 無料
システム利用料 無料
ロスカットルール 証拠金使用率100%を上回った場合、全ポジションを反対売買により決済します。
追加証拠金制度 無し
エクスポージャー制限 通貨ペアごとに25,000,000通貨(ネット数量)
預託金の保管方法 完全信託保全
契約締結前交付書面 店頭外国為替証拠金取引約款(PDF)PDFが開きます
店頭外国為替証拠金取引説明書・規定(PDF)PDFが開きます
動作環境 Java 1.8以上
CPU:1.5GHz 以上
メインメモリ:1GB 以上
通信環境:ブロードバンド以上(常時接続必須)
備考 [取引中に70歳を超えた場合]
FX(外国為替証拠金取引)はリスクの高い金融商品であるため、満70歳を超えたお客様について、当社といたしましてはお勧め致しかねると考えております。
以前から取引を行っている方で、70歳を超えて取引を継続する場合、当社の指定する者との面談と半年毎に以下三点の書面の提出が必要となります。

●医師の診断書:視力・体幹・弁識能力に支障が無い旨が記載されているもの
●成年後見に関する“登記されていないことの証明書”:成年被後見人、被保佐人、被補助人及び任意後見契約の本人でないことの証明が必要となります。(東京法務局発行:法務局、地方法務局の本局で発行を受けることが可能です。)
【注】任意後見人契約の本人として登記がある場合には「成年被後見人、被保佐人、被補助人とする記録の無いこと」の証明書及び「任意後見契約に関する登記事項証明書」の両方が必要です。
ただし、「登記事項証明書」に関しては、任意後見契約が発効していないことが明らかであるものに限ります。
●取引に関する同居親族の同意書:同居の親族がいない場合、居住施設の長またはこれに準ずる方の同意書が必要です。

当社はお客様の保護を第一に考えており、上記の様な方針をもっております。
何卒ご理解とご了承の程、宜しくお願いいたします。
ご利用頂く為に
詐欺サイト / 詐欺メールにご注意下さい
反社会的勢力との関係遮断に関する基本方針
信託保全について
FX取引の規制について
外国為替証拠金取引に関する重要事項の説明
金融庁財務省ADR FINMAC 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター一般社団法人 金融先物取引業協会電子政府総合窓口証券統計ポータルサイトマイナンバー社会保障・税番号制度