直接参加型ECNツール「トレードリンク」 / TradeLink
ECNモデル(参加型)
ECN型取引
ECN (Electronic Communications Network)」とは、電子取引ネットワークのことで、近年のIT技術の発展によって、コンピューターを利用して市場の売買ニーズを集約し取引を成立させる仕組みとして誕生しました。
Trade Linkの特徴であるECNは、スイスの金融監督庁の免許を取得したDukascopy Bank SAが運営する世界最大級のECN『SWFX(Swiss Forex Marketplace)』であり、価格の透明性と流動性において高品質且つプロレベルのサービスをご提供致します。
ECN直接参加方式
一般的なECNは、マーケットメイカーと呼ばれる銀行などの機関投資家が中心的な取引者となって、様々なマーケットメイカーからの「売り」および、「買い」注文を直接結びつけるマーケットプレイス(板寄せ)方式を採用しています。 また、インターバンクやマーケットメイカーからの提供価格が集約され、リアルタイムな板情報によって取引参加者に公開されますので、非常に透明性の高い、公正な取引モデルです。
Trade Linkでは、様々な取引参加者からの注文が集約され、ECNで公開されている注文に発注を行ったり、個人投資家自身もビッドやオファーを提示できるため、より積極的に参加できるECNとなっています。
価格形成の仕組み
Trade Linkで提供される価格はECN参加者(銀行、一般投資家、機関投資家等)がビッドやオファーを出し合い、最良価格から順に板情報として表示されます。売値、買値が2Wayプライスとして表示されるとともに約定可能な取引量も同時に表示されます。
Trade Linkの約定フロー
ECNの公正さ
FX業者の多くは、社内でディーリングルームを有し、銀行のレートや売買状況を基に自らが価格を設定します。そのため、相場状況によりカバーリングが出来ないという事以外に、ディーラーチェックで約定拒否をするケースが生まれますので、お客さまが相場の変動以外の予期せぬ損失を被る可能性が排除できません。ECNは、インターバンクレートを含めた様々な注文を集約し、公開されたネットワークに直接注文を出すため、公正で人為的な操作のできない、透明性の高い価格で取引できる場となっております。 現在、米国を中心に透明性の高いFX取引が急速に広まりつつあります。
プレイスオーダー
プレイスオーダーは、マーケットメイカーと呼ばれる銀行などの機関投資家が参加しているECNへ、お客様自身が他の取引参加者に対してビッドやオファーを提示する事を可能としており、約定価格を重視したスタイルの取引が可能です。 プレイスオーダーは指値注文と似ており、指定した価格、あるいはそれよりも良い価格で取引を行うのに用いられますが、ECNでは板情報が公開されており、容易に実勢価格を把握できるので、約定の確実性を求める方にも適しています。 Trade Linkでは、簡単操作でプレイスオーダーを利用できる上、無期限や有効期間・有効期日といった期間指定も可能となっています。
Trade Linkは、ECNの中でも非常に高い流動性と約定能力をもった最大級の規模の取引環境をお客さまに提供し、今までの相対取引にはない、新たな外国為替証拠金取引を提案致します。
ご利用頂く為に
詐欺サイト / 詐欺メールにご注意下さい
反社会的勢力との関係遮断に関する基本方針
信託保全について
FX取引の規制について
外国為替証拠金取引に関する重要事項の説明
金融庁財務省ADR FINMAC 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター一般社団法人 金融先物取引業協会電子政府総合窓口証券統計ポータルサイトマイナンバー社会保障・税番号制度